So-net無料ブログ作成

乗り物ピナコテカ・鉄道館 京成3500形更新車 [乗り物]

前回、シンセ関係の機材を断捨離したことを書きましたが、その反動なのか、ここ最近は再び「鉄ちゃん」の趣味に没頭しつつあります。
でも、私は中途半端な鉄ちゃんなので、特に「〇〇鉄」というような専門分野はないのですが、列車に乗って旅をするのが好きなので、強いて言えば「乗り鉄」なのかもしれませんし、旅から帰った後、乗り鉄で乗った車両の模型を走らせて旅の思い出に浸るというのが恒例行事になっているので、もしかしたら「模型鉄」とも言えるのかもしれません。
DSCN4276.JPG
そんな私が最近購入したのが、鉄道コレクションの京成3500形更新車のセットです。
DSCN4277.JPG
セットは3520編成+3552編成の6両セットと3544編成と3532編成の各4両セットが発売されましたが、私は6両セットと3544セットを1セットずつ、3532セットを2セット購入し、このうち6両セットと3532の1セットを動力化し、3544セットと3532セットの残りの1セットはいずれ8両編成の特急仕様で動力化させることにしました。
DSCN4284.JPG
6両セットはそのまま動力化しましたが、
DSCN4293.JPG
DSCN4281.JPG
3532セットについては、富士川車両工業のステッカーを貼って、4両編成の金町線仕様にしました。
私の父方の祖母が菖蒲園で有名な葛飾区の堀切という渋い場所に住んでいるので、京成線は幼少時それこそ「赤電」が走っていた頃から乗っていますから、それなりに京成線には愛着がありますし、
DSCN4286.JPG
特に6両編成の3500形は、今となっては珍しくなった編成の中間に先頭車が連結されているスタイルなので、おっさんの鉄ちゃんとしては非常に萌えるものがあります(笑)。
DSCN4292.JPG
DSCN4288.JPG
ところで、恥ずかしながら、富士川車両工業さんの存在はつい最近知ったばかりでして、3500形以外にも京成関連のステッカーをリリースしていたことがようやくわかったので、ついでに3000形と3700形のステッカーも購入し、行先表示をフルカラーLEDのものにして現在の仕様にすることができました。
前述したように、堀切の祖母の家の行き帰りには、3000形か3500形の普通列車に必ず乗るので、いつも当たり前のように乗っている車両を揃えることができたのは、現実の姿を模型に投影させることを楽しみとする私にとって非常に喜ばしいことですね。
DSCN4291.JPG
最近は京成に乗ると、大きなスーツケースを抱えた外国人観光客の姿を多く見かけます。
この大きなスーツケースで車内を占拠する外国人達を見る度に、京成が今や立派に空港アクセス路線としての地位を確立したことを感じるのと同時に、車両もだいぶ洗練されたものになったと感じます。
とは言え、京成特有の「野暮ったさ」もどこか残っているので、東京の中でも正に「THE 下町」を走るのに相応しい車両であり続けてほしいと思いますね。

コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 2

青い森のヨッチン

はじめまして
固定式レイアウトをお持ちなのですね
うらやましいです
私も鉄ちゃん未満の鉄道模型好きですが車両は段ボールの中に入れっぱなしでいつかは固定式レイアウトで日の目を見せてあげたいです。
生れと育ちが川崎なので京急川崎でよく京成車両(新京成?)はよく見かけていました。
by 青い森のヨッチン (2018-06-14 11:04) 

シャングナウ

青い森のヨッチン様
こんにちは。
コメントありがとうございます。
いや、お恥ずかしい。
このレイアウトのベースは絵を描く時のパネルで、必要なくなったので、せっかくだからと適当に作っただけで、よく見ると結構街の構成が変です(笑)。
それにスペースが小さいので、4両編成を走らせるのが限界ですね。
実は私もダンボールに入れたままの車両があったりします。
大人になってしまうと、遊ぶ機会が減ってしまいますよね(-_-;)。
ちなみに私の母方の祖父母は対岸の糀谷に住んでいたことがあり、父方の親戚は川崎の味の素の工場に勤めていました!!
by シャングナウ (2018-06-14 15:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。